IoT化によって農業の生産性の向上

人工知能は意味を理解する事すらできていません

イメージはなんとなくわかるけれど、いつたいどのようなものなのか、このことをきちんと説明できる人は余り多くはありませんそもそも、IoTとは、InternetofThinsの略で、日本語ではモのインターネットと訳されています。これは、インターネットにあらゆるモノ」が接続されることを意味しています。つまり、-oTとはモノとインターネット経由で通信することを意味します日本で高速インターネットが普及し始めたのは1990年代後半のことでした。

人工知能がすべての仕事を代替してくれて

しかし、このころはインターネットとっても主に利用できるのはパソコンくらいでした。2000年代に入り、携帯電話や家庭用ゲーム機などもネットに接続されるようになってきましたが、2000年代まではあくまでも専用の端末でインターネットに接続するのが当たり前でした。
その流れを大きく変えたのがスマートフォンの出現です2007年に初代iPhoneが出現してからスマートフォンは瞬く間に普及しほぼ誰でも持っているといっても過言ではない状況になってきました。

 

ディープラーニング

ディープラーニングの進化に大きな追い風となっています人工知能は計算能力に長けているといえます

スマートフォンから始まったIoT実はこのスマートフォンがIoT時代の本格的な幕開けのきっかけを作ったのですなぜならスマートフォンは、それ自体がGPSやカメラ、温度センサーなど様々なセンサーデバイスの塊であり、これらを高度に活用したアプリを利用することによってさまざまなデータが大量にインターネットを飛び交うようになり、しかもしれがビジネスになる環境が整ってきたのです。
例えば私たちが街中でカフェに行きたくなったしますそんな時私たちはスマトフォンのナビ機能を利用して周辺にある良さそうなカフェを検索して見つけ出し、立ち寄ります。

プログラムされているつかったことはあまりなくてすると店の雰囲気はよく、ドリンクとケーキのセットを頼んだらとてもおいしそうだったので写真を撮り、そのままSNSに投稿しますすると、たくさんの「いいね」がついて、後日それをつけた友人たちがそのカフェを訪れるたりしますつまり、単なる技術の集合だけではなく、様々なビジネスによってその仕組みが利用されるようになっており、そのことによってスマートフォンは今や社会インフラ化しているわけです。
現在、このようなやり取りの全ては全て手元にあるスマートフォンというツールを利用して行われます。
人工知能への期待が高まってきている
人工知能への期待が高まってきている

人工知能と呼ばれていたモノがどんどんただの機械に格下げになり

ディープラーニングの学習モデルを説明するためにしかし将来的にIoTが社会の隅々までいきわたるようになると、私たちはスマートフォンすら利用する必要はありません身の回りのあらゆるものにコンピュータが組み込まれてネットに接続されるため、あたかも空気や水のような自然さで、特定のデバイスに頼ることなく以上のようなことが出来るようになるわけです。
センサーネットワークスマートフォンの普及による効果はそれだけではありませんloTに必要なセンサーが安く大量に流通する環境が整えられたのも、スマートフォンの大きな功績の一つです。

人工知能開発の中でも特に進んでいる分野

位置情報を捕らえるGPSやカメラ·マイクはもちろんのこと、加速度センサ角度を測定するジャイロスコープ、方位を測定する磁力系など、かつては高価だったこれらセンサーが、スマートフォンの普及で大量生産されるようになったため、非常に安価で入手できるようになりました。
このように、もともと携帯電話やスマートフォン向けに作られていたセンサーやデバイスが、様々な分野に応用されるようになっていったわけです。
例えば、これらのデバイスをそのまま自動車に埋め込めば自動車の自動運転に必要な情報は全て入手できるようになりますし、スマート家電が手ごろな価格で入手できるようになったのも、やはりこういったセンサーが安価に入手しやすくなったからです。人工知能の技術が公開される


人工知能は計算能力に長けているといえます Watsonを活用しそんな姿勢 ディープラーニングの章でも登場したCNN畳み込み